協会案内

協会概要

群馬県電気協会は、産業の基盤となる電力の使用合理化を図り、企業の発展、技術の向上、そして会員相互の親睦の絆を築きあげることを目的とし、群馬県内における高圧または特別高圧の電気使用者および電気事業者を会員とした任意の団体です。

当協会の前身は、昭和21年(1946年)に発足した群馬県電気協議会に遡ります。その後、昭和29年(1954年)9月1日に群馬県電気協会に改名、県本部と各支部(発足時:12支部 平成13年度より:4支部)にて諸活動を展開してまいりましたが
平成28年度より、活動の活性化を目的に全ての支部活動を統合いたしました。
2019年7月現在、約534社の皆さまにご加入いただております。

主な活動内容

  1. 電気エネルギーの効率的使用、省エネルギーの推進
  2. 電気安全確保への取り組み
  3. 研修・見学会・セミナーの開催
  4. その他

組織

群馬県電気協会は、事務局を東京電力エナジーパートナー株式会社 販売本部 北関東本部に置き、各種活動を展開しております。協会全体の事業計画や予算運用については理事会で審議し、定時総会で決定いたします。

組織図